失敗しないための心構え

身内の葬儀はとくに出したくないですよね。
しかしながら生きている以上肉親の死に立ち会うことは遠かれ近かれあります。
これまでお世話になった故人を気持ちよく送り出すためには残された者のつとめとして、納得の行く葬儀を執り行うことではないでしょうか。
納得の行く葬儀を行うことで故人を偲ぶことも残された者の気持ちも落ち着くことが出来るからです。
葬儀は人が亡くなってから準備すればよいと考えてはいませんか。
確かに人の死についてはあまり考えたくはないですし縁起でもないかもしれません。
しかしながら葬儀は予行練習のない1回勝負ですので短間に全てをやりこなすことは至難の業です。
葬儀を出す状況になってしまうと人は多かれ少なかれ気が動転してしまい、葬儀が終わってあのときこうしておけば良かったとか他の葬儀に参列した際に、当時のことがよみがえりこうしておけば良かったと後悔することもあると思います。
ですので普段家族の間で話される話題の一つとして葬儀のことについても日頃から話してその時が来たときに備えておくと良いでしょう。
最近では葬儀屋などで生前に葬儀の打ち合わせ等をしておくことも可能ですので、こういったことも準備しておくと送る方送られる方の双方が安心できるのではないでしょうか。


最後のお別れ、儀式の選び方。

葬儀とは、亡くなった方の冥福を祈り、最後のお別れを告げる式です。
人は生きていれば必ず死んでしまいますので、誰もがいつかは葬儀をあげます。
また、自分の親や祖父、祖母などの葬儀も経験しなくてはなりません。
辛いですが、避けては通れません。
最近は、葬儀の形もさまざまになってきました。
核家族でご近所とほとんど交流がなかった方は身内だけでひっそりと慎ましく行う家族親族葬が良いでしょう。
出費をなるだけ押さえ、残った方々の負担にならずに良いですね。
人とのつながりがあまりなく、参列者があまり多くない方は人数が少なめの一般葬が良いでしょう。
出費を抑えながらも、一通り進行してもらえますので、安心です。
参列者が多くなりそうな方の場合は、少し高くなりますが規模を大きくしてもらいましょう。
また、会社関係者で行う社葬や、一般的な葬儀とは異なりオリジナルの葬儀をしたい方は、プロディース葬などもあります。
故人との最後のお別れは、予算と内容で納得したものを選びましょう。