あり方について考える

葬儀は、いつかは自分も通る道なので、色々考えてしまうことがあります。
こうしてほしい、と言う希望はたくさんあります。
でも、そう思っても、現実はなかなか思い通りにはなりません。
葬儀と言うのは本当にお金のかかることなのですが、そういうものにお金を使えるほどの余裕がない我が家にとっては、まだ先のことながら本当に悩んでしまいます。
でも、最近は、金額も明確になっているし、お金をかけずに、近い人だけで葬儀が行える家族葬などのシステムが広がってきているので、とても興味があります。
お金も義理も関係なく、本当に気持ちだけの葬儀を行ってもらえるのは誰もが思う理想ではないでしょうか。
最近の葬儀社などは、生前の本人や、家族の意向も考えてくれるプランが充実しているので嬉しいですね。
葬儀の形はこれから大きく変わっていくと思います。
本人らしさを考えてもらえる葬儀が理想です。
そして、家族のつながりがより強くなってもらいたいと思っています。


高齢社会は形が変わります。

高齢社会にはいり、葬儀に対する考え方も変わりつつあるようです。
会社などを定年退職すれば、仕事上の人間関係は少なくなりますし、社会とのつながりも薄くなります。
ボランティア参加や特別な仕事でない場合は、普段の生活で交流がある人間関係も限られてきますから、参列者や弔電も少なくなります。
高齢で亡くなった場合、友人・知人も高齢になっていますから、葬儀の参列が難しくなるものです。
遠方での葬儀には移動時間などの関係で参列しにくいですし、葬儀会場の雰囲気は、精神的にも負担になるものです。
参列者も家族や親戚などの肉親が中心となりますから、小さな葬儀場を利用する事になります。
身内だけで集まって故人を見送る形式の葬儀は、高齢社会において増加しそうです。
遺族にとっても、哀しみの中で参列者への応対は、心身両面で負担になりますし、経済的な負担も大きいものです。
少子化・核家族化によって、遺族の負担を減らすためにも、自分の葬儀プランを考えておく時代になりつつあるようです。